Skip navigation
All Places > All Things PI - Ask, Discuss, Connect

Japan PI Square

Log in to follow, share, and participate in this community.

Recent Activity

KatsumasaNakaki
PI System の DataArchive に保存しているデータをRDBMSへ移行することを考えております。   PI DataArchive には タグが11000ほど 9割のタグは1分間隔、1割は1秒間隔 10年間分 のデータが保存されています。   知りたいこととしては、下記のようなことです。 通常、どのような方法と手順で移行をするのか? 移行方法を記載した資料などがあるか? 移行ツールはあるか?
in Japan PI Square
ryota-ko
お世話になります。 弊社の製品ではセンサ信号出力16ビット分を,PLCを介して10進数にまとめて扱っています。 そこでアセットフレームのビルトイン関数などを用いて,10進数から16ビット分の信号を取り出せるか, また取り出せるのであればどうすればよいかご教示ください。   例) 各センサからの入力信号16点:0101 0101 0101 0100 PLCからの出力:21844   上記の場合,PLC出力21844からなるべくPLCソフトを変更せずに, 元々のセンサからの信号16点を取り出したいということになります。 ご回答宜しくお願い致します。
in Japan PI Square
ytszk
Click to view contentお世話になります。   PIサーバー上に、PI OLEDB EnterpriseとPI JDBCドライバをインストールし、JDBCドライバでの接続確認を行っていますが、接続できません。 サンプルプログラムのGetSnapを実行したところ、以下のエラーメッセージが表示されました。 ユーザーはWindowsユーザーを指定しています。 TrustedConnectionをYesで設定すると、 というPrincipal Nameのエラーも出てきました。   上記の通りPI SQL Data Access Serverサービスは稼働中です。 DBVisualizerもインストールして接続を試みましたが、同様のエラーが出ています。   PI… (Show more)
in Japan PI Square
ytszk
お世話になっております。   JAVA言語から、PIデーターベースに接続して、SQL文でデータを取得したいと考えています。 C#でのサンプルグロムラムはありましたが、JAVAのサンプルプログラムはありますでしょうか? JAVAからの接続、データ取得方法をご教授ください。よろしくお願いいたします。
in Japan PI Square
Takayuki.Endo
HPE Edgeline OT Link Platform Softwareのリストの中にOSIsoftという文字を見つけました。HPE Edgelineソリューションの中でPI Systemはどのような位置づけに置かれており、またどのような技術(プロトコル)にて接続されているのでしょうか?
in Japan PI Square
syamazou
PI Visionにて、複数のメンバーで監視画面を作成しています。 PI Vision画面は作成者しか上書き保存ができないようですが、作成者以外の他のメンバーも上書き保存できるような設定などありませんでしょうか?   と申しますのも、監視画面内に他の監視画面へのリンクを設定しているからなのです。 画面Aで画面Bへのリンクを設定したとき、画面Bを作成者以外のメンバーがブラッシュアップするということがよくよくあるのですが、上書き保存ができずにファイル名を変えて保存しています(画面B_r1のように)。… (Show more)
in Japan PI Square
yoshinobu
Click to view contentPIVISIONの表示について確認させていただければと思います   背景:PIVISIONで構築した画面に対してWindows OS PC・IPADの二つからHTTPS接続をしているのですが、WINDOWS OS PCでは表示を確認ができますが、IPADでは認証が通らない状況です。   前提: 1: lusrmgr.mscでpivision adminグループに新規でユーザーを追加 (*画像A参照) 2: pivision画面は構築済み   結果; 1;windows os pcよりpivision urlを表示し、前提1のユーザーにて認証する。pivision画面が表示される。(*画像B参照) 2:IPADより結果1と同様手順を行うと、認証が通らない(*画像C参照)  … (Show more)
in Japan PI Square
hliu
弊社より定期的に開催させていただいているトレーニングにつて、 以下のトレーニングは現在においてまだ残席があります。興味がある方はぜひご参加ください。   開催日付:5月27日(水)~5月29日(金) コース名:Visualizing PI System Data 開催形式:オンライン 受講料:75,000円(税抜)   申し込み先:OSIsoft Japan 定期トレーニングお申し込みサイト 
in Japan PI Square
yoshinobu
PI Connector For UFLの仕様について確認(確認A、確認B)させていただけないでしょうか。 OPC-UAにある機能が同様にUFLにでも具備されているかがポイントになります。   OPC-UAについての認識 -連携先のPI Data Archieveサーバー(前提としてOPC-UA・Data Archieveのon-premises環境は異なる)が一時的に稼働ダウンしている場合においても、Data Archieveが再起動した以降のタイミングでOPC-UAが未格納のデータを格納する ①OPC-UAは過去データのバッファー機能を保持している(例:2週間保有) ②バッファーしたpipointsの削除機能を持つ(例;2週間後削除)… (Show more)
in Japan PI Square
hliu
お申し込みはこちらのWebサイトより受け付けております。各コースのスケジュール、概要、注意事項もWebサイトに掲載しております。 https://osisoft.swoogo.com/trainingjapan   コースの概要、スケジュールについて印刷用の資料がご入用の場合は、こちらのPDFファイルをご利用ください。   新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点からお客さまの安全を考慮し、 弊社4月、5月トレーニングルームで開催予定のトレーニングは、替わりにオンラインで実施させていただくこととしました。 参加要項は上記の申し込みサイトからご確認ください。 皆さまにはご不便をおかけし誠に申し訳ございませんが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。  …
in Japan PI Square
Load more items