PI Developers Clubの登録が終わると、各製品のダウンロードとインストールが可能となります。

ここでは、その簡略な手順を紹介したいと思います。

詳しくは各製品のインストールマニュアル、ユーザーマニュアルをご参照ください。

製品はOSIsoft Technical Supportサイトよりダウンロード可能です。

https://techsupport.osisoft.com/Downloads/All-Downloads/

 

1 Microsoft SQL Serverのインストール

Express版でも構いません。AF Serverのインストール前提条件となります。

(Express版はSQL Server Express with Toolsという名前のものがOSIsoftダウンロードセンターにもあり、ダウンロード可能です)

AFでSQLを使用するため、SQL Server構成マネジャーにて、「名前付きパイプ」と「TCP/PI」を有効に変更しておきます。

2 .Net 3.5.1のインストール

OSがサーバー系であれば、Windowsの機能の追加より、.NET Framework 3.5.1の機能を事前に追加しておく必要があります。

*OSがWindows Server 2012以降の場合、インターネットにつながっていればWindowsの機能の追加より、ダウンロードしてインストールが可能ですが、

インターネットがない場合、OSのインストールディスクを用意する必要があります。

 

3 MS OFFICEのインストール

PI DataLink, PI Builderを使用する場合は事前にExcelを含むMS OFFICEをインストールしておきます。

 

4 AF 関連製品のインストール

AF Server

AF Client

PI Analysis Service

PI Notifications

日本語版が必要な場合、Localized Kit (MUI)をそれぞれインストールしてください。

PI AF Servicesインストールキットを使用すると、AF Server, AF Client, PI Analysis Service, PI Notifications をまとめてインストールすることができます。

 

*PI AFが使用するポートは以下KBをご参照ください。

KB00751 - Which firewall ports should be opened for PI AF Server?

ユーザーマニュアルは以下からダウンロード可能です。

https://techsupport.osisoft.com/Downloads/All-Downloads/PI-Server/PI-AF/Documentation

PI Asset Framework (PI AF) Installation and Upgrade Guide (Japanese)  がございます。

 

5 PI Data Archiveのインストール

インストール前にMachine Signature Generator (MSF)を使用し、MSFファイルを生成します。

(ダウンロードセンターより PI Enterprise Server - Machine Signature File Generator (Windows)  という名前でダウンロード可能です)

外付けHDDなどを外し、運用する状態でMSFファイルを取得します。

Machine Signature File Generatorをダウンロード後、zipを展開し、MSFWinGen.exeを PI Data Archiveとなるマシンで実行します。

そうすることでMachine Signature File (MSF)ファイルが作成されます。

弊社テクニカルサポートサイトのMy DownloadsタブのMy License ActivationsよりMSFファイルをアップロードし、ライセンス発行をします。

生成したpilicense.datをインストール時に指定します。

詳しくはPI Data Archiveライセンスファイル生成方法_v1.0.pdf  をご参照ください。

 

pilicense.datはPI Data Archiveを特定のマシンでのみ動作させるために使用します。

またタグ数の制限などもこのファイルによって管理されます。

PIのインターフェースはPI DevClubライセンスでは動作しない点、ご注意くださいませ。

 

OSがWindows Server 2012 R2の場合、VSS Backupのパッチが導入されていることを確認します。

VSS backup of PI Server 2012 fails on Windows Server 2012 R2(リンク先は英語となります)

https://techsupport.osisoft.com/Troubleshooting/Alerts/AL00261

Microsoft KB2963918, KB2975719, KB3000850のどれかが当たっている必要があります。

PI Data Archiveをインストールします。

*PI Data Archiveが使用するポートは以下をご参照ください。

2820OSI8 - ファイアウォールのどのポートを開けると、PI Serverは正常に動作します

詳しくはPI Data Archive Installation and Upgrade Guide を参照してください。

 

6 その他開発に必要な製品のインストール

PI Vision (前PI Coresight), PI Web API, PI ACE, PI WebParts, PI OLEDB, PI ODBC, PI JDBC, PI Data Access Server , PI Manual Loggerなど、開発に必要な製品をインストールします。

PI VisionはサーバーOSがサポートOSとなります。

https://techsupport.osisoft.com/Products/Visualization/PI-Vision/System-Requirements

 

7 クライアント製品のインストール

PI ProcessBook, PI DataLink など必要な製品をインストールします。 (OSIsoft Prerequisites Kitのインストールが必要な点に注意してください)

 

Japan PI Squareには様々な開発に関連した記事がございます。(以下リンクはJapan PI Square内の記事で’開発'のタグが付いている記事を表示します。)

Japan PI Square

 

PI Developers Clubに関しての質問はJapan PI Squareのコミュニティサイトに投稿する形となります。

質問方法についてはこちらをご参照ください。
OSIsoftのコミュニティサイト PI Squareのご案内