DCSやPLCから、あるいはマシンのPerformance Counterなど、対応するデータを収集し、PI Data Archiveに送信するインターフェイスは、基本的にWindows サービスとして登録することで動作します。

登録を行う方法は、大きく分けて三つ存在します。

 

1. PI Interface Configuration Utility (PI ICU)を使用する

2. コマンド プロンプト上で-install コマンドを使用する (テキストエディタ等でbatファイルの編集が必要です)

3. コマンド プロンプト上でSC コマンドを使用する (テキストエディタ等でbatファイルの編集が必要です)

 

OSIsoftとしては、GUI上で比較的容易に操作が行えること、PIサーバー側にインターフェイスの情報が登録されることなどから、

特に理由がない限りは1のPI ICUを使用する方法をお勧めしております。

今回はこのPI ICUを使用する方法をご紹介いたします。

 

事前準備

・インターフェイスのプログラムのインストールが正しく行われていることをご確認ください。

・対象のデータソースの機器とインターフェイスマシン間の通信が行えるかをご確認ください。

・インターフェイスマシンとPIサーバーマシン間の通信が行えるかをご確認ください。

・PIサーバーマシン上で、インターフェイスマシンにPI TrustやPI Mappings等のアクセス認証がされていることをご確認ください。

 

手順

今回は例として、PI Performance monitor インターフェイスのサービス登録を行います。

 

  1. PIサーバーのマシンにて、 スタート > PI System > PI Interface Configuration Utilityを開く
  2. メニューから、New Windows Interface Instance from BAT File...を選択する




  3. PIPC\Interfaces\PIPefMonにあるPIPerfMon.bat_newファイルを開く

(ほとんどのインターフェイスは、PIPC\Interfaces\上にあるフォルダ内にbatファイルが存在します。そのファイルを開くことで、新しいサービスを作成できます)


  4. Select the host PI Data server/collectiveの欄で、対象のPIサーバーの名前を選ぶ

(AboutPI-SDKで登録されているサーバーがここで表示されます。一覧に対象のサーバー名が存在しない場合は、Add Serverボタンを押して追加してください)


  5. Serviceに移動し、Create/ Removeの欄でCreateボタンを押す

(これでWindowsのサービスが作成されます)


 

  6. 以下のメッセージが出現するので、はいを押し、開かれる二つのメモ帳のファイルpisrvsitestart.batにnet start サービス名 、pisrvsitestop.batにnet stop サービス名とそれぞれ記入して保存する

(これにより、マシンの起動時や終了時に連動してインターフェイスも起動・停止するようになります)



サービス名は手順5でService nameの欄に書かれた名前を記入してください。

 

  7. Windowsのサービス一覧を開き、追加されたPI Performance Monitor インターフェイスのサービスを右クリック > プロパティを選択し、ログオンのアカウントをローカル システム アカウントに変更する

(PI Performance Monitor インターフェイスにおいて、Performance Counterの情報を取得するにはローカル システム アカウントに変更する必要があります。ほかのインターフェイスでも、多くの場合は対象のデータソースにアクセスが可能なアカウントでサービスを起動する必要があります)

 

  8. サービスを起動する

 

これで、インターフェイスのサービスが作成され、サービスが起動します。

この手順とは別に、多くのインターフェイスでは固有の設定が必要となる場合があります。

例えばPI Interface for OPC DAでは、接続先のOPCサーバーの名前などを指定する必要があります。

ICUのGeneralの下にあるインターフェイスの固有設定に移動することで設定ができます。


 

また、動作確認でサービスを起動する際には、PI message logとPIPC logを表示しておくことをお勧めいたします。

何らかの問題が発生してデータが収集できない場合、その原因がログに表示されますので、その情報をもとにトラブルシューティングを行ってください。

ICUで以下の二つのボタンを押すと、PI message logとPIPC logの二つのログをコマンド プロンプト上に表示することができます。


 

 

以下のKBも併せてご参照ください。(英語)

https://techsupport.osisoft.com/Troubleshooting/KB/KB00324

https://techsupport.osisoft.com/Troubleshooting/KB/KB00470