機能の動作の確認、社内のデモのために、データの作成が必要なケースがあります。

 

そのために、色々なオプションがあります。

 

などあります。

 

今回はAF Analysisを使い、デモダータを作成したいと思います。

 

事前に準備した一分のデータをテーブルで作成しました。(このデータをExcelで作成しました)

 

このAFテーブルの定義です。

 

このデータを表示できる属性を作成します。データはAFテーブルに保存されているので、Table Lookのデータ参照を作成し、下記の定義を設定します。

他のテーブルデータ参照と違って、Whereの条件を使わずにAFテーブルに時系列データがあると設定します。

この属性のトレンドをPSEで下記のように表示されます。データは2017/01/01 00:00:00から2017/01/01 00:01:00までにだけあるので、この間だけにトレンドが現れます。

同じトレンドをループするために、AF Analysisで下記の分析を設定します。

一行目は現在の秒数を使用し、新しいタイムスタンプを作成します。このタイムスタンプはAFテーブルにあるタイムレンジの間にあります。

二行目では、モデルの属性の値を取得します。

 

この設定を使うと下記のデータを作成できます。