PI OPC DA InterfaceでHA構成を組んだ場合、Device Status = 70のログが出力され、頻繁にFail Overが発生する場合があります。

本来であればOPCサーバーとPI OPC DA Interface間で問題点を抽出すべきですが、なかなか原因が究明できない事もあります。

その場合の対応策を記述します。

 

対応可能バージョン

PI OPC DA Interface 2.6.15.3 以降

Read-Only、Read-Write共に対応可能

 

対応策

Device Status = 70の詳細確認

発生しているインスタンスに対してHealth Tagを追加します。

追加するHealth Tagは「Device Status」です。

Device Statusを収集するとDevice Status 70の詳細な内容を取得する事ができます。

 

それぞれの現象の詳細は以下の通りです。

https://livelibrary.osisoft.com/LiveLibrary/web/pub.xql?c=t&action=home&pub=int-opc-v6&lang=en#addHistory=true&filename=GUID-BED9E4B9-09AD-42F3-AEA1-AFED10855F3A.xml&docid=GUID-7460893F-398B-4FEA-898A-400CF49E93C2&inner_id=&tid=&query=&scope=&resource=&toc=false&eventType=lcContent.loadDocGUID-7460893F-398B-4FEA-898A-400CF49E93C2

 

 

/ISDSパラメータ

OPC DA Interfaceの起動パラメータに/ISDSパラメータを追加します。

Device Status = 70の原因についてFail Over条件から除外します。

パラメータの詳細は以下をご確認ください。

https://livelibrary.osisoft.com/LiveLibrary/web/pub.xql?c=t&action=home&pub=int-opc-v6&lang=en#addHistory=true&filename=GUID-27CBB4CD-0031-4D77-885B-AC325E33C924.xml&docid=GUID-16E29D13-D619-4CA8-B499-F2F80C3CD3FE&inner_id=&tid=&query=&scope=&resource=&toc=false&eventType=lcContent.loadDocGUID-16E29D13-D619-4CA8-B499-F2F80C3CD3FE

 

/ISDS = 127 を設定するとすべての原因を除外します。