AMChartを使用したレーダーチャートのサンプルがOSIsoftGithubにございます。

PI-Vision-Custom-Symbols/Community Samples/OSIsoft/amcharts-radar at master · osisoft/PI-Vision-Custom-Symbols · GitHub

こちらのサンプルは1つのアイテムの画面表示時間範囲における値をレーダーチャートで表示するものです。

それに対して複数のアイテムのsnapshot値をレーダーチャートに表示したいケースがあります。

例えばタービンの断面の温度をレーダーチャートで表示したい場合などが該当します。

弊社トレーニングなどでもこの要望はよく聞きました。

そこで今回、上記のサンプルコードを変更し、複数タグ、属性の値を表示できるサンプルを作成しました。

コードはgithubにあります。

https://github.com/kenji0711/PIVisionMultiRadarChart

元々の設定の他、ラベルの非表示も可能となっています(Show Label)。是非お試しください。

現在の処、タグ、属性を追加したら消せませんので、再度最初からやり直す必要があります。ラベルの表示内容の変更も対応していません。

ご注意ください。