PIに自分の体重のデータを書き込んだので、今後の予測をしたかったです。

(来月はどうなるだろう)

 

まずは結果を紹介させて頂きます。

PIに一週間の体重のデータをいれました。(緑線)

予測値は青い線で表示されています。

 

AF 2017 R2から提供されたLinRegrの関数を利用しています。この関数を利用すると単純な線形回帰の計算ができます。

今回は、LinRegrの関数を利用し、今年の7月の体重を予測しました。

 

(その調子で、やせるじゃないかよ!)

 

AF 2018から、AF分析の出力タイムスタンプを属性の値に設定できます。

つまり、体重を計るとこの計算が実行され、7月1日の体重の予測値が更新されます!

 

(この調子で、頑張って続けたいです)