Skip navigation
All Places > All Things PI - Ask, Discuss, Connect > Japan PI Square > Blog > 2019 > May
2019

2019年3月4日に、OSIsoftは従来のテクニカルサポートのWebサイトを、

カスタマーポータルとしてリニューアルいたしました。

新しいカスタマーポータルでは、それまでテクニカルサポートのWebサイトでの機能である、

製品のダウンロードやサポートへのお問い合わせの仕組みの改良に加え、

新たな機能も備わっております。

カスタマーポータルの概要につきましては、下記のページをご参照ください:

 

OSIsoftカスタマーポータルの概要とログインの取得方法  

 

この度は、カスタマーポータルに関して、

カスタマーポータルの周知や認識・情報の共有の目的で、

具体的なご利用手順や変更点のご案内、また質疑応答のためのセミナーをWeb形式で開催することとなりました。

 

開催日時は下記の通りとなります (すべて同一の内容となるため、ご参加はいずれか一度のみで問題ありません):

 

第一回 2019年5月30日(木) 10:30~12:00
第二回 2019年6月4日(火) 13:00~14:30
第三回 2019年6月20日(木)  15:00~16:30

 

参加にはお申し込みが必要となります。(無料)

下記のページよりお申し込みください:

 

WS-APAC-2019-Q2-05-16-myOSIsoft Walkthrough Webinar Japan 

 

お申込みいただくと、後日Webセッションに参加するためのリンクを送付いたします。

当日の時刻にリンクをクリックすることでご参加いただけます。

 

特に弊社テクニカルサポートへのお問い合わせに関しては、

従来のEメールでの問い合わせが廃止され、

後継はカスタマーポータル経由でのお問い合わせとなります。

また、カスタマーポータルに関するご質問等も本セミナーにて承ります。

この機会に、是非セミナーにご参加ください。

この度、PI AFの最新版であるPI AF 2018 SP2のMUI(多言語化パック)がリリースされました。

PI AFとPI Data Archiveが同梱されたPI Server 2018 SP2自体は2019年4月8日にリリースされております。

 

 

PI Server 2018 SP2では、主に以下の変更点がございます:

 

 

インストール関連

1. PI Server 2018 SP2の統合インストールキットからPI System Directoryが含まれなくなりました。

2. PI Web APIの単独インストールキットを提供するようになりました。

3. AF Client .NET 3.5が単独インストールキットに分離されました。

 

PI Data Archive関連

1. リプロセス時に使用されるスレッド数を指定することが可能になりました。

 

PI AF関連

1. 検索条件に「OR」の接続詞が使えるようになりました。

2. 分析・通知ルールをインポートする際に無効状態でインポートすることが可能になりました。

3. ベーステンプレート指定が可能になりました。

4. AFデータベース毎にデフォルトPI DAサーバを指定できるようになりました。

5. PI AF 2018 SP2からMATLAB連携機能が廃止されました。

 

PI Analysis Service関連

1. タグ名が解決されない分析のハンドリングが改善されました。
2. バックフィルと再計算をキャンセルする機能が実装されました。

3. 依存関係の分析の再計算が可能になりました。

4. Array型の統計値計算が可能になりました。

5. Analysis参照型を使用している分析に「NoOutput()」関数が使用できるようになりました。

Analysis参照型に出力している変数には使用できませんが、同じ分析内にある別の変数には使用可能です。

6. イベント加重の統計値計算ができるようになりました。

7. 「Exit()」関数が実装されました。

8. 「Split()」関数が実装されました(String値をString配列型に変換します)。

 

PI Notifications関連

1. Web Service配信方法でカスタムヘッダーを指定することが可能になりました。

 

 

変更点の詳細につきましては、各製品のリリースノートをご参照ください。

リリースノートは、カスタマーポータルのWebページ(https://customers.osisoft.com/)よりダウンロードが可能です。

 

 

このほかにも、バグ修正や安定性の向上など様々な改善が図られております。

これを機に、是非PI Serverのバージョンアップをご検討ください。