AF分析のベストプラクティスの英語の記事のシリーズのご紹介

Document created by Jerome Lefebvre Employee on Nov 30, 2016
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

  弊社のAles Soudekが作成したAF分析のベストプラクティスの記事が紹介したいと思います。

 

PIのデータを分析したい場合は、MatLab、R、Azure Machine Learningなど山ほどのオプションがあると思います。

ですが、一般のKPIやサマリーなどの計算を作成したい場合は、AF分析で簡単に書けますし、

外部のツールと連携するのはできますが、混乱することもあります。

ですので、「まず、この計算はAF分析で書いてみよう!」と考えて頂いたら幸いです。

 

AF分析で計算を自由に書けますが、「この書き方は大丈夫かな」、「この関数をどうやって使えばいいかな」と考えている時に、Alesが作成した記事を是非参照してください。

 

残念ながら、その記事のすべては英語で書いてありますが、その記事についての質問があれば、このポストに日本語でご質問をお願いいたします。

 

記事:

Attachments

    Outcomes