AnsweredAssumed Answered

PI UFL利用時における、情報未到達検出について

Question asked by RyoNakamura on Oct 16, 2017
Latest reply on Oct 27, 2017 by Jerome Lefebvre

機器~PIIF間の情報未到達検出方法についてレクチャーお願いします。

 

仮に定周期で1分間に1回、ON/OFF状態を送信する機器があるとします。

この機器のON/OFF状態をCSVとして出力し、PI UFLを利用してPIにデータ保存します。

 

このケースにおいて、機器の故障により前回受信時より1分以上機器からの情報が停止した際に、

PI System側で情報が受信できなかったことを何らかの形で把握することは可能でしょうか。

※例えばPI Systemの設定で一定期間情報が来ないタグに対し、NoDataを書き込むような仕組みがある等

 

実現方法の1つとしては、分析機能またはPISDKを利用し、情報受信時に

最終保存時刻と現在時刻との差分を計算し、1分間以上であれば、1分前の値にNoDataを書き込むことで

実現することが可能かと思いますが、PI Systemの設定のみで実現可能であればご教示頂きたいです。

Outcomes