AnsweredAssumed Answered

UFLインターフェイスが取り込めるファイルサイズの上限について

Question asked by komori on Jan 11, 2018
Latest reply on Jan 11, 2018 by komori

PI Interface for Universal File and Stream Loading (UFL) が取り込むことができるファイルサイズの上限について、

特にハードウェアとの関係について、情報があれば教えてください。

 

最新バージョンのリリース情報

https://techsupport.osisoft.com/Troubleshooting/Releases/RL01254

Files larger than 2GB can now be processed - with the 64-bit version.』

の記載がありました。

このことから、

2GBよりも大きなファイルを処理できる(64ビットバージョンのUFLインターフェイスが必要)

と理解しています。

 

 

しかし実際のところ、ソフトウェアは対応していても、OSやハードウェアの制約に依存する箇所があると予想しています。

 

例えば100GBのファイルを読み込みたい場合、ハードウェアやOSで気をつける点はありますでしょうか?

(仮に、ファイルサイズの3倍程度の物理メモリを使用すると仮定すると、100GBのファイルの処理に必要な物理メモリは300GBとなる?)

 

PI Systemへ大量の過去データ(合計ファイルサイズは数TB)を、UFLインターフェイスを使用してPIに格納することを目的としています。

データファイルのサイズに応じたハードウェアスペックの目安がわかると助かりますので、よろしくお願いいたします。

Outcomes